未分類

健康とダイエットで方法と効果

更新日:

健康とダイエットで、実施していることとその効果

1.運動で気を付けていること

①テニスをしているが、何でもよい。週2~3回、最悪は週1でもやるべきである

②毎日のウォーキング、じつはこれが一番効果がある。

ただし、30分以上、歩幅広めの早歩き(小幅でゆっくりは効果が薄れる)

毎日が最も良いが、たまに休んでも効果は続く(3~4日に1回くらい)

2.食べ物で気を付けていること

いろいろある

①おから 結構とっている

②レモン酢 糖分が結構あるのでとり過ぎると良くない

③炭水化物を少なめにしている、全然とらないはだめ

④間食を極力なくす

⑤濃いめお茶をよく飲む、煎茶60℃以下がよい

⑥しょうが(生姜)

⑦納豆

⑧ごま

⑨たまご(卵、玉子、タマゴ)

 

⑩レモン酢

⑪酢

01

内臓脂肪も皮下脂肪も減る!
女性でも気にされている方が多い、内臓脂肪や皮下脂肪。実は、酢酸の働きで脂肪の合成が抑制され、同時に燃焼が促されることで、内臓脂肪と皮下脂肪が減少することがわかっているんです。実際にミツカンの研究では、大さじ1の酢を入れたドリンクを1日1杯、約3カ月摂取した人が、内臓脂肪4.9%、体重1.6%、ウエスト1.5%、BMI1.5%も減少したことが判明しています!

02

二日酔いを軽減してくれる!
お酒を飲みながら酢を使った料理を食べると、肝臓の代謝が高まって、アルコールの分解速度を高める効果が!でも、飲み過ぎはもちろん禁物。

03

食べ物のエネルギー変換をスムーズに
味覚や嗅覚を刺激することで脳の中枢神経に働きかけ、便秘を解消して美肌になれる!唾液の分泌を高めて胃腸の働きを活発にし、消化力をアップ。ビタミンB群やタンパク質を組み合わせることで、さらにエネルギー代謝のよい体になれる。

04

食後の血糖値の上昇をゆるやかに!
糖の吸収を穏やかにして、インシュリンの分泌を抑え、血糖値の上昇を緩和。食物繊維や、エネルギー代謝をよくするビタミンB群やポリフェノールと組み合わせると、糖の吸収抑制効果はさらに高まるそう!

05

疲労やストレスから素早く回復
体のエネルギー源・グリコーゲンを補給するのは糖。その糖は、酢と一緒に摂ることでグリコーゲンの補給効率がUP!血行促進作用で、肩こりや眼精疲労も軽減。

06

便秘を解消して美肌になれる!
消化液の分泌を促して腸を刺激し、蠕動運動を活発にして便秘を解消してくれます。肌の新陳代謝も高まるし、また酢酸がビタミンCの破壊を抑えるので、美白にも効果的なんです!

07

血圧の降下作用がある!
外食の多いアラサーは高血圧予備軍とも言われてます! 酢は血圧上昇に関わるホルモン調節機構、レニン・アンジオテンシン系を抑制するのでアラサーの今から摂取して。

 

効果

2-②を除いて、実地中

7ヶ月で、13.7kg減

 

 

その他、詳しくまとめていく予定であるが、以上、取り急ぎ!

-未分類

Copyright© 健康とダイエットで幸せ生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.